前へ
次へ

対立する人が経営者になったときに転職する

小さい会社などでは創業者やその一族が経営者になることが多く、経営方針などもそれほど大きく変わらないときもあります。
それなりに大きな会社になると創業者以外が経営者になることもあり、実績を残した人が新たな経営者になって会社を運営するときもあるでしょう。
経営者が変わるときにその人についていこう、その人のためならどんな仕事でもできると考えるならそのまま仕事を続けてもいいですが、不満を持っているなら転職した方が良いかもしれません。
かつて上司と部下の関係で上司だった人が経営者になるときがありますが、馬が合わなかったとすれば将来的に干されてしまう可能性があります。
となると昇進にも影響し給料が下がる可能性も出てくるでしょう。
転職をすれば経営者との関係もないので、かつてのやり取りを元に昇進がなくなるなどはありません。
経営者になってからよりも役員などになって将来的に経営者になりそうなときに転職を考え情報を集めるようにすると良いでしょう。

Page Top